胸を大きくする食べ物の真実

胸を大きくする食べ物の真実

胸を大きくする食べ物の真実

胸を大きくする効果が高い食べ物で女性ホルモンが増えてバストアップするって言われていますが果たして本当でしょうか?

 

ネットの口コミや巷で噂される、バストアップの効果が高いとされる女性ホルモンがアップする食べ物で代表的なものは以下になりますがで、実際に調べてみたらこんな結果でした。

 

大豆 (効果

大豆にはエストロゲンという女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれています。
女性ホルモンが増えることにより乳腺や皮下脂肪を発育させるバストアップ効果が期待できます。
また乳がんの予防にも効果があることが研究でわかったそうです。
→大豆関連の食べ物は、豆腐・納豆・枝豆・豆乳・味噌など、普段の食生活で食べることが出来ますね。

 

プエラリア (効果

タイやミャンマーでとれるマメ科の植物。
女性ホルモンになる植物性のエストロゲンやイソフラボンが含まれている。イソフラボンの含有量は大豆の40倍と高いので胸を大きくする効果が期待できます。
日本では実際の植物は入手が難しいがバストアップサプリメントバストアップクリーム(ジェル)として入手することは可能です。

 

キャベツ (効果×

キャベツには、ボロンという成分含まれていてそれがバストアップの効果があるとされています。
いくつかのサイトや芸能人でキャベツを毎日食べたら胸が大きくなったと書かれていますが、ボロンというのはホウ酸のことで、ホウ酸自体には胸を大きくする効果がはないのです。
キャベツでバストアップするという噂はキャベツを原料としたサプリメントを売るために仕組まれた情報だと思われます。

 

ザクロ (効果×

エストロゲンが含まれる果物として一時期流行しましたが、ザクロジュースやサプリなどを国民センターが実際に調べたところ検出されなかったそうです。
過去に研究者によって種子の油からエストロゲンが検出されたことが話題の元ですが、非常に微量であり、種ではなく実を食べても全く胸が大きくなる効果はないでしょう。

 

他に鶏肉(唐揚げ)や牛乳などはたんぱく質が高いので胸の脂肪を増やす効果がありますが、あまり多く摂ると他の脂肪も増えてしまいますので注意が必要です。

 

バストアップには女性ホルモンが重要ですが、実際に食べ物で摂れるのは大豆のみです。

 

しかし、大豆食品と多く摂ることで多少バストアップが期待できるかも知れませんが、大量に継続的に食べる必要があったり個人差がため、あくまで胸を大きくするためのサポート的なものと考えた方が良いかもしれません。

 

バストアップマッサージなどの胸を大きくする方法と組み合わせて食べ物も工夫していけば効果が高いです。

 

 

 

胸が大きくなる方法トップページ